ブログ IT Tips

Rakuten miniを使ったWi-FiデザリングとBluetoothデザリングの比較について

Rakuten miniの限られたバッテリー容量で効率よくインターネットアクセスをしたい考えており、より消費電力が少ないといわれているBluetoothデザリングでのパフォーマンスについて調べてみました。

 

Rakuten miniでは以下の三種類のデザリングが利用可能となっています。

 

①Wi-Fiデザリング

・メリット:対応機器が豊富にあるWi-Fiを利用した接続が可能。複数機器で利用できる。
・デメリット:バッテリー容量が限られているRakuten miniの場合、長時間の利用だとモバイルバッテリーの利用を検討する必要がある

 

②USBデザリング

・メリット:有線接続で通信が安定する。Rakuten miniに給電しながらの利用が可能
・主にパソコンでしか利用できない。スマホのWi-Fi接続との共用ができない
(パソコンにUSBで接続しながらパソコンもスマホもWi-Fiデザリングを使えば問題ない)

USBデザリングについては、ノートパソコンで確認したところ、Wi-Fiデザリングとパフォーマンスに大きな差はありませんでした

 

③Bluetoothデザリング

・Bluetooth機能を使った接続でWi-Fiでの接続に比べると消費電力が少ない
・通信速度がWi-FiデザリングやUSBデザリングと比較して遅い

 

 

Wi-Fiデザリングで接続した場合

利用ツール5GMARK

各数値:応答速度、ダウンロード、アップロード、ストリーミング、Webブラウジング

 

Bluetoothデザリングで接続した場合

利用ツール5GMARK

各数値:応答速度、ダウンロード、アップロード、ストリーミング、Webブラウジング

接続機器はiPhone7 Plue Bluetooth4.2

 

 

結論

Bluetoothデザリングでの接続では、下りの通信速度が1M前後しか出ないため、YouTubeの視聴やzoom、Skypeなどでのオンライン会議での利用は少々厳しいが、メール受信やちょっとしたWebブラウジング程度であれば利用することが可能だと思います

今回のBluetooth接続については、iPhone7Plus(Bluetooth4.2)を利用したため、通信速度が二倍になったBluetooth5.x対応の機器を使えばもう少し通信速度が速くなる可能性があるのかなと思っています

 

Bluetooth5.x対応機器での調査結果については機器の準備ができ次第別途確認する予定です

 

 

-ブログ, IT Tips
-, , ,

© 2021 おるたぐのブログ Powered by AFFINGER5