おすすめグッズ

2020年に買いたいノイズキャンセリングワイヤレスイヤホン

有線の時にはSONYのウォークマンでよく使っていたノイズキャンセリングイヤホン。Androidを使っていた時にはXperiaにノイズキャンセリングイヤフォンを接続して通勤の時に音楽を聴いていたのですが、今やすっかりワイヤレスの時代になりました。
今買ってみたいノイズキャンセリングイヤホンを6点ご紹介いたします。

 

Apple AirPods Pro

外向きのマイクと内向きのマイクの両方でノイズを低減させる機能を搭載しており、IPX4規格の防水にも対応しています。通常のAirPodsと比較すると、イヤーチップによりフィット感が増していますが、小さな通気口があり、耳の内側と外側での圧力差をなくしているそうです。

 

おすすめポイント

Apple純正のイヤホンでiPhoneとの相性が抜群でノイズキャンセリング能力も高い

 

 

SONY WF-1000XM3

これまでも数々のノイズキャンセリング製品を販売してきたSONYの製品で、ノイズキャンセリングだけではなく、ハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術DSEE HXを搭載しているので、音楽だけではなくYoutubeなどの動画の音声についても高音質になります。

 

おすすめポイント

多くのノイズキャンセリングイヤホンを販売してきたメーカーの製品で信頼性も高く音質を向上する機能も搭載している

 

 

HUAWEI FreeBuds 3i

 

AppleやSonyの製品より安価ですが、ノイズキャンセリング機能においてフィードフォワード方式とフィードバック方式の両方対応しており、耐水防じんIP54にも対応しています。

 

おすすめポイント

充実したノイズキャンセリングイヤホンを搭載しつつも安価な製品である

 

 

Panasonic RZ-S50W

Bluetooth信号を左右のイヤホンがそれぞれ同時に受信する左右独立受信方式を採用しており、動画視聴時の映像と音のずれを軽減することができます。ノイズキャンセリング機能においてフィードフォワード方式とフィードバック方式の両方対応しており、耐水規格IPX4にも対応しています。

 

おすすめポイント

バイオセルロール素材を採用した、8mmダイナミックドライバーによる高音質なサウンドや、マイク利用時に風切音を低減する「ラビリンス構造」を採用

 

 

オーディオテクニカ ATH-ANC300TW

対応コーデックに「aptX」含まれており、対応したAndroid端末などで、より高音質、低遅延の音声を聞くことができます。また、左右独立伝送対応で音切れに強く、低遅延を実現するQualcomm TrueWireless Stereo Plusに対応(対応したスマートフォンが必要です)し、ノイズキャンセリング機能においてもフィードフォワード方式とフィードバック方式の両方対応しており、耐水規格IPX2にも対応しています。

 

おすすめポイント

aptXを搭載しており、Android端末において高音質、低遅延な音声を提供可能

 

 

Mpow Japan X3 ANC

 

10,000円を切る低価格でノイズキャンセリング機能を搭載した完全独立型のBluetoothワイヤレスイヤホンで耐水規格IPX4にも対応しています。

 

おすすめポイント

ノイズキャンセリング機能を安価に体験でき、耐水機能も搭載している

 

 

電車や飛行機で音楽を聴くことが多い方は、ノイズキャンセリングイヤホンをぜひ試してみてください。

-おすすめグッズ
-, , , ,

© 2021 おるたぐのブログ Powered by AFFINGER5