ブログ

ビデオを4Kで撮影するに向けての悩み

子供の柔道の試合を撮影するために、約10年間試合のビデオを撮影してきましたが、MAXで3台のビデオカメラ(SONY HDR-CX500V、Panasonic HC-W870M、Panasonic HC-V360MS)と2台カメラ(SONY α57、Panasonic LUMIX DMC-GX7MK2)でビデオを使って撮影していて、出来上がるファイルの容量の大きさや編集に使っていたPCのスペックの問題もあり、FHDで撮影をしてきました。

昨年の冬に7年ぶりくらいにPCを再作成(Corei5→Ryzen3600X)しPCパワーに余裕ができたことと、今年から子供も大学生になり、撮影対象や撮影頻度も少なくなってきそうなので、コロナ騒動が落ち着いて柔道の試合ができる状況になってきたら、本格的に4Kでの撮影を初めてみたいなと思っています。

今持っている機材の中で4K動画が撮影できるは、Panasonicのカメラ(LUMIX DMC-GX7MK2)とスマホ(Xperia Z5 Premium)の二つですが、いずれも4Kだと30pでの撮影となってしますため、4K60pで撮影できる機器を買いたいと思っているのですが、いま販売されているビデオカメラで4K60pで撮影できる機器はまだまだ高く、なかなか手を出すことができません。

レンズサイズの大きさやサイズ的な余裕からいったらビデオカメラのほうが有利だと思うのですが、なぜ対応が遅いのでしょうか?
撮影データの容量も大きくなるし対応するSDカードの仕様にも気を付けなければならなくなるので大変な面もありますが、やはり高級機が売れなくなるからでしょうか?
早く中堅機にも4K60p対応の機器を増やしてほしいです。

最近ではGoProなどのアクションカムが4K60pに対応していたり、スマートフォンもiPhone8以降4K60p対応の機種が増えてきましたし、最近販売されているHUAWEI P40 Pro(1/1.28インチ)、サムスン Galaxy S20 Ultra(1/1.33インチ)は下手なビデオカメラよりも大きなサイズのイメージセンサーを搭載してきています。

可能であれば光学ズームを搭載したスマホで撮影した映像とビデオカメラで撮影した映像の差がどのくらいあるのか確認してみたいと思っていますが、4年使ったiPhone7Plusの代替機はiPhone12(購入するモデルは発表してから考える予定です)にするつもりなので、まずはiPhone12の4K映像とLumixGX7MK2の映像を比較してみたいと思います。

体育館の中である程度ズームしてもきれいな映像が撮影できるのであれば、今後スマホをメインの撮影機にしてもよいかなと思っています。

-ブログ
-, ,

© 2021 おるたぐのブログ Powered by AFFINGER5